事務組合の業務概要

トップページ > 事務組合の業務概要

北播磨清掃事務組合(みどり園)の業務方針

1 循環型社会システムの構築(ごみの減量・分別・資源化の推進)
2 施設の適切な運営管理と効率的な業務の推進

○ 業務体系図

業務体系図

○ 管理係
◇ 組合議会・管理者会・幹事会等の会議事務
◇ 予算、決算、契約、統計、補助申請、収納等の一般事務、職員の給与、福利厚生、
研修等の人事管理、その他庶務

○ 業務サービス係
◇ 施設業務(受付業務:計量事務、搬入者指導など)
(搬入ごみ処理業務:破砕、圧縮処理、搬出など)
(施設車両管理業務、労働安全衛生事務)
(最終処分業務:埋立業務、固化灰運搬業務)
◇ 収集業務(収集運搬業務)
(ステーション管理業務)
(ごみ分別指導・啓発)
(大型ごみ個別収集業務)
(労働安全衛生業務、収集車両管理業務)
◇ 施設保守管理業務
(中間施設、最終処分場)
◇ リサイクルプラザ運営業務
(ごみ減量及びリサイクルに関する普及啓発)
(住民のリサイクル活動の促進支援)
(リサイクルショップの運営)
(リサイクル教室の運営)
(施設見学や視察対応)

このページの先頭へ

T 組織・機構

1 北播磨清掃事務組合の変遷

年月 南部 (西脇市・加東市滝野地域) 北部 (多可町)
昭和39年5月 * 旧西脇市が焼却炉を新設
  (固定火格子バッチ 20t/8h)
 
昭和43年11月 * 旧西脇市と旧滝野町が清掃業務の
 共同処理を開始
 「西脇市滝野町清掃事務組合」を設立
 
昭和44年6月 *焼却炉を増設 (既設と同型式・同規模)  
昭和44年9月   * 旧中町と旧八千代町が清掃業務の
 共同処理を開始
  「中町八千代町清掃事務組合」を設立
昭和45年3月   * 焼却炉を新設
  (固定機械化バッチ 7.5t/8h×2炉)
昭和46年4月   * 旧加美町が組合に加入し、3町の共同処理
  「中町八千代町加美町清掃事務組合
 に名称変更
昭和49年11月 * 旧黒田庄町が組合に加入し、
 1市2町の共同処理
 「西脇市滝野町黒田庄町清掃事務組合
 に名称変更
 
昭和51年3月 * ごみ処理施設建設・竣工 (旧みどり園)
  (機械化バッチ 25t/8h×2炉)
 
平成4年3月 * 2つの事務組合の統合を関係市町長が基本合意
平成4年9月 * 2つの事務組合の統合を関係市町長が最終合意
平成5年4月 * 事務組合を統合 「北播磨清掃事務組合」設立  (愛称 『みどり園』)
平成5年5月 * 新ごみ処理施設の用地取得・造成工事着工
平成5年12月 * 新ごみ処理施設(本体施設工事)建設事業着工
平成8年4月 * 新ごみ処理施設 オープン
  (流動床式焼却設備 66t/24×2炉、粗大ごみ処理設備 20t/5h)
平成9年7月 * 北播磨リサイクルプラザ オープン
平成17年
  10月1日
* 西脇市誕生 (旧西脇市と旧黒田庄町が合併)
平成17年
   11月1日
* 多可町誕生 (旧中町、旧加美町、旧八千代町が合併)
平成18年
  3月20日
* 加東市誕生 (旧社町、旧滝野町、旧東条町が合併)
平成18年3月 * みどり園プラヤード オープン
平成19年3月 * 一般廃棄物最終処分場建設工事着工
平成21年2月 * みどり園はやすクリーンセンター (一般廃棄物最終処分場) オープン

このページの先頭へ

○ アクセスマップ

このページの先頭へ